知名度のあるオンラインカジノ攻略法

オンラインカジノ攻略法(マーチンゲール法)

「マーチンゲール法」をご存じでしょうか?「ベッティングシステム」としてあまりにも有名です。さっそく紹介しましょう。

マーチンゲール法のやりかたについて

シンプルなベットルールですから、だれでもすぐに覚えられるでしょう。負けたら倍賭けすればOKです。負け続けたなら、倍賭けを続けましょう。1回でも勝てばすべての負けを取り戻せます。理論上、絶対に負けない方法です。
「このやりかたなら、必ず勝てます!」ギャンブル初心者から驚きの声が聞こえそうです。

マーチンゲール法のメリット

応用範囲が広いので、さまざまなカジノゲームに活用できます。また「マーチンゲール法」は「投資・投機」にも活用できるのです。勝率の高いゲームでの活用がポイントであり、連敗しても1度の勝ちで取り戻せるのは、精神的に助かります。

マーチンゲール法の注意点

万能に考えがちな「マーチンゲール法」ですが、いくつかの注意点が存在します。まず、「勝率50パーセントゲーム」を必ず選んで下さい。基本的には「配当2倍」ゲームです。また、想定以上の連敗が続くと、軍資金をかなり減らしてしまいます。さらに、カジノゲームに設定されている「ベットリミット」に注意してください。「ベットリミット」とは、「テーブルリミット」ともよばれているもので、賭け金の「上限」と「下限」になります。ここで問題となるのは賭け金の「上限」であり、連敗が続いた場合に取り戻せない可能性が生じます。ゲームを始める前に、「ベットリミット」をしっかりと確認しましょう。
また、「マーチンゲール法」では連敗が続いた場合、急激に「ベット額」が高騰(こうとう)します。軍資金に余裕がなければ、「マーチンゲール法」を続けられなくなります。
それから、「マーチンゲール法」による勝ちで得られる金額は「最小」です。1ドルから「マーチンゲール法」を始めたなら、10連敗して11回目の勝負で「1024ドル」を投じて勝ったとしても、わずか「1ドル」の利益しか得られません。総合的に判断するならば、「マーチンゲール法」は「ハイリスク・ローリターン」な「ベッティングシステム」としか言いようがないのです。

マーチンゲール法の応用

「マーチンゲール法」に攻撃的要素を加えたものが考案されています。それは「グランマーチンゲール法」であり、負けた場合に「倍プラス1」が「ベットルール」です。1ドル賭けて負けたなら次は3ドル、3ドル賭けて負けたなら7ドルといった具合です。自分なりに「マーチンゲール法」の応用を楽しみましょう。

オンラインカジノ攻略法(モンテカルロ法)

オンラインカジノならではの攻略法として、「モンテカルロ法」がオススメとなります。その理由は、紙とメモを用意してじっくりと計算できるからです。さっそく紹介しましょう。

モンテカルロ法とは?

「ベッティングシステム」の一種です。戦略的に「ベット」することで、資金管理を徹底できます。これにより、精神的に「冷静さ」を保てるのではないでしょうか?やみくもに賭けていては、いつまでたっても「勝ち」につなげられません。ギャンブルを攻略するための方法として、「モンテカルロ法」が考案されたのです。その手法について解説をすすめましょう。少々複雑な計算が必要ですから、しっかりと理解を深めてくださいね。まず「1、2、3」の数列をメモしましょう。1回目の「ベット額」は、この数列を使って導きます。ルールは両端の数字をプラスすることです。つまり「1プラス3」で「4」が1回目の「ベット額」となります。ここで負けたら、数列の右端に先ほどの「ベット額」を加えてください。すると数列は「1、2、3、4」になります。2回目の「ベット額」は、やはり両端の数字をプラスして導きます。「1プラス4」で「5」になります。3回目以降に関しても、「負けた場合」には同様の作業で「ベット額」を導きます。いかがでしょうか?頭の中だけで計算できますか?無理ならば、メモとペンを使用して正確に計算してください。
それから、勝った場合について考えましょう。勝った場合には数列の両端を消し込みます。「2倍配当ゲーム」では「両端1個づつ」、「3倍配当ゲーム」では「両端2個づつ」消し込むのです。
こうして、数列の数字がなくなるか、残り1個になれば、ワンセッションの終了となります。ここまで理解できましたか?正確に覚えてくださいね。

モンテカルロ法のメリット

「モンテカルロ法」を実行するためには、「メモとペンを使用した計算」が必要です。何となく充実感を感じませんか?また、「マーチンゲール法」と比較して「ローリスク」に資金管理できます。急激な「ベット額の高騰」がありませんから、精神的に楽です。オンラインカジノ利用であれば、「ディーラーの目」を気にせずにゆっくりと計算できます。まさに、オンラインカジノ向けの「ベッティングシステム」と考えて良いのではないでしょうか。

モンテカルロ法のデメリット

「2倍配当ゲーム」で活用した場合には、ワンセッション終了時点で利益が出ない可能性があります。通常の「ベッティングシステム」であれば、ワンセッションで「利益確定」が常識ですから、「2倍配当ゲーム」に向いていないと考えてもよいでしょう。「モンテカルロ法」を活用するためには、「3倍配当ゲーム」が最適となります。しっかりと認識しましょう!

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です