ダブル エクスポージャー・ブラックジャックの遊び方

カードゲームの皇帝「ブラックジャック」は、完成したルールで単純明快に遊べるため、多くの派生ゲームが存在します。

今回ご紹介する派生ゲーム「ダブルエクスポージャー・ブラックジャック」もその一つです。
「通常のブラックジャックより更にプレイヤーに有利な状況で展開し、戦略が立てやすい」と言われる理由や遊び方を詳しく解説します。
 
 

ゲーム概要

ゲーム概要

英語表記では「Double Exposure Blackjack」と記載します。
「Exposure」は「露出」という意味です。
ブラックジャックは、最初にディーラーとプレイヤーに2枚のカードが配られます。
通常ルールではプレイヤーのカードが2枚ともオープンな一方、ディーラーの2枚のカードで中身が確認出来るのは1枚だけです。

「ダブルエクスポージャー・ブラックジャック」では、ディーラーのカードも2枚開示されます。
プレイヤーが相手のカードを2枚確認出来ることで、プレイヤーには有利にも不利にも働きます。
当然、通常のルールのブラックジャックとは違った立ち回りが要求されます。
 
 

ルール

ルール

「カードの合計数値21を目指す」「絵札とAの組み合わせで『ブラックジャック』」「合計が22以上で強制的にプレイヤーの負け」など、普通のブラックジャックと基本的なルールは一緒です。
違う点は「ディーラーと同じ数値ならプレイヤーの負け」「ブラックジャックの配当金は2倍」の2つです。

1.ディーラーと同じ数値ならプレイヤーの負け
通常のブラックジャックの場合、ディーラーとプレイヤーが同じ数値なら引き分けとなり、ベットした金額はそのまま戻ってきます。
しかし、このゲームではプレイヤーの負けとなります。

例えば、プレイヤーとディーラーともに数値が「19」だった場合、プレイヤーの敗北となります。
当然、ベットした金額は戻ってきません。

一方で、絵札とAの組み合わせで『ブラックジャック』の役をプレイヤーとディーラー双方で作ることが出来た場合、一般的なルールなら引き分けとなります。
「ダブルエクスポージャーブラックジャック」ではプレイヤーの勝利となります。

2.ブラックジャックの配当金は2倍
基本的なルールならば、絵札とAのペアである『ブラックジャック』の役の配当金は2.5倍です。
「ダブルエクスポージャーブラックジャック」の『ブラックジャック』の配当金は、通常勝ち金額と同様の2倍になります。
 
 

立ち回り方

ブラックジャックには「ベーシックストラテジー」と呼ばれる最適手が存在します。
しかし「ダブルエクスポージャーブラックジャック」では、ディーラーのカードが2枚ともオープンされるため、この「ベーシックストラテジー」も立ち回り方が変わってきます。

例えば、一般的なルールのブラックジャックでプレイヤーのカードの数値が「19」だった場合、ベーシックストラテジー通りならディーラーの数値はいくつでもスタンド(それ以上カードを引かない)という選択をします。

「A」や「2」が来る可能性よりもバーストしてしまう可能性の方が遥かに高いからです。
しかし「ダブルエクスポージャーブラックジャック」の場合、仮にディーラーの数値が「19」だった場合はプレイヤーが「19」だと負けになってしまうため、ヒット(カードを引く)という選択肢をとることになります。
 
 

ディーラーの「決まりごと」を利用する

ディーラーの「決まりごと」を利用する

カジノのブラックジャックでは、ディーラー側にも性質…というより決まりごとがあります。
それは「合計数値が16以下はヒット、17以上はスタンド」することです。

仮に最初に配られたカードの数値がプレイヤー「18」、ディーラー「17」だったとします。
このままではディーラーはプレイヤーに負けますが「17」の状態から新たにカードは引きません。
要は、この状況ではプレイヤーの勝ちが確定するということです。
「ダブルエクスポージャーブラックジャック」ではディーラーのカードが2枚ともオープンになるので、この状況がよりハッキリとします。

また、ディーラーとプレイヤーの数値が共に「16」だった場合などもプレイヤーが有利です。
ディーラーは必ず次のカードを引かなければならないため、バースト(22超え)をする可能性が高まります。
一方、プレイヤーは無理して新たなカードを引く必要はありません。
そのため「16」のままスタンドして、ディーラーのバーストを狙うほうが勝率は高くなります。
 
 

まとめ

「ダブルエクスポージャーブラックジャック」のRTP(プレイヤーへのペイアウト率)は、最適戦略で行動すると99.04%になります。
この数値はノーマルの「ブラックジャック」とほぼ同じ位で、かなり高い方です。
普通と少し違ったルールのブラックジャックをやってみようと思う方には、お勧めできます。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です