必須で便利な電子決済サービス

オンラインカジノとクレジットカードでの入金をする

オンラインカジノの入金方法にはいくつかの方法がありますが、クレジットカードはスピーディーで大変便利な方法です。
普段自分が使っているクレジットカードを使ってまるでショッピングをするかのように使えますので、非常に便利です。
決済は早く、入金だけならすぐに反映されますので、人気の入金方法です。

以前までは、クレジットカードの入金ではねられてしまうケースが多かったのですが、カジノ側の技術の向上により使えるカジノが増えてきました。
オンラインカジノの中でも大手のところはクレジットカードに対応をしていますので、一度入金を試してみましょう。

もしも使えなければ、カジノのグループを変えてみることもおすすめです。

オンラインカジノのクレジットでの入金の特徴は?

クレジットカードでの入金の場合、専用の口座を作らなくても入金ができるというメリットがあります。
手持ちのクレジットカードが使えますので、ちょっとお試しにオンラインカジノで遊んでみたいという場合に向いています。

瞬時に円をドルに交換することができますので、手間もかかりません。
入金したお金については、後日クレジットカード会社から請求されることになります。

カードの入金時には時々本人認証が必要な場合があり、この時にIDやパスワードが必要になってきます。
この場合、分からなければ、カード会社に問い合わせてみることが必要です。

クレジットカードの入金のデメリットとは?

クレジットカードの入金は素早くて手間もかからないのでとてもおすすめされている方法ですが、デメリットがあります。
それは、クレジットカードの入金の場合、出金ができないということです。
その為、オンラインカジノの勝ち金を出金したい場合、別の方法を考える必要があります。

その方法としておすすめなのが、エコペイズなどの電子決済サービスを利用することです。
電子決済サービスなら入出金のどちらにも対応をしていますし、一度作成すれば一括で資金の管理ができますので、最初に作っておくことをおすすめします。

クレジットカードに払い戻しをしているカジノもある

オンラインカジノの中には、カジノの勝ち金をクレジットカードにチャージバックという形で払い戻しをしているところもあります。
これは、返金と同じようなもので、利用代金を取り消すことで払い戻しをしてもらう仕組みです。

しかし、この払い戻しの仕組みは考え物で、場合によってはカード会社に目をつけられてしまう可能性も高いので、注意をしましょう。

電子決済サービスではアイウォレットがおすすめ

オンラインカジノの入出金方法として、多くのオンラインカジノでおすすめされているのが「アイウォレット」です。
iwallet(アイウォレット)は世界中で使われている入出金手段です。
クレジットカードの入金・送金をすることができて、世界の6つの主要通貨に換金が可能です。

アイウォレットの最大の特徴は、1つの口座で複数の通貨や、複数の資金の流れを管理することができるということです。
同一の口座では換算手数料が無料で、送金手数料も無料となります。

何よりも、公式サイトは日本語化されているということもあって、日本人でも使いやすくなっています。
英語が苦手という方で不安がある方も問題なく使えるのが魅力です。

クレジットカードによる入金ができる

アイウォレットの特徴として、クレジットカードでの入金が可能となっています。
これは100ユーロまでと決まっているのですが、他の電子決済サービスのエコペイズならクレジットカード入金ができないので、カード入金ができるのは魅力的です。
さらに、海外からの入金と送金にも対応をしていて、大変スピーディーに取引ができるのもメリットです。

新規口座開設が簡単

オンラインカジノのアイウォレットですが、新規の口座開設がとても簡単です。
アイウォレットでは、口座のリミットである限度額が決まっていますが、スタンダードな会員なら本人確認書類が必要なく、メールアドレスだけで口座開設ができます。
口座の開設は、公式サイトから数分でできますので、簡単に口座開設をしたいという方に向いているサービスです。

その後、限度額を上げるためにはエグゼクティブ会員になる必要がありますが、その際、運転免許証とパスポートの組み合わせなどを提出することがおすすめです。
なお、アップグレードの際には、審査に1~2日ほど時間がかかります。
限度額の上限を撤廃したいなら、おすすめです。

アイウォレットからの出金について

アイウォレットからの出金についてですが、以前はアイウォレットカードを発行し、ATMからの出金が可能でした。
しかし、こちらのアイウォレットカードが使えなくなってしまうということで、口座から銀行へ出金をするを選ぶことができます。
銀行口座へ振り込みにして、そして必要な情報を入力するようにします。

毎回振り込みをする銀行口座が決まっていれば、次回から銀行口座の入力を省略することができるのでおすすめです。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です